web shop


web shop 2/6 9PM OPEN ü
http://pieni.thebase.in/

2014/12/26

wrapping

リボンをほどく時のわくわくした気持ちは
箱のふたをあける時の気持ちと似ているかもしれません。

今回、自分の作品を直接手渡す機会に恵まれて
溢れんばかりの感謝の気持ちを
どうしたらお伝えすることができるか、と
一生懸命考えました。




簡易包装が主流の昨今ですが
例えご自分のために購入してくださったとしても
むしろご自分のためのものだからこそ
ありがとうございましたという心からのメッセージをこめて。
ひとつひとつお包みさせていただくこと
リボンをきゅっと結んでお渡しできること。
それは私にとって忘れることのできない幸せな瞬間でした。

2014/12/18

Jonathan  

2014年S/Sのリバティコレクションは
70年代のリバティ百貨店の売り場をイメージしたという
とてもユニークなものでした。


こちらの「Jonathan  ジョナサン」は筆記用具売り場を
表現しているらしく、鉛筆の削りかすの形の柄が
お行儀よく整列しています。
遊び心があってなんて楽しいのでしょう。

Jonathan、BEAMSでノースリーブのブラウスに
なっているのを見ましたが
すごくおしゃれで可愛くて印象に残りました。


そんなレトロで個性的なデザインのリバティ
箱にしたら絶対素敵だと思っていて。
仕立てると、少しモダンで愛嬌があって
どこかシャープで、、とにかく
大好きなイメージになりました。

2014/12/17

ありがとうございました。

小さな企画展「凛と。」


時間を見つけて夢中で作りました。
作る事は私にとっては
限りなく楽しくわくわくする作業なので
いつまでも飽きずにやっていられること。
だから自分で時間をセーブしながら
日常も大切にしながら
コツコツ、コツコツと作り続けました。

時間と手間暇は惜しまずに
ペースを守りつつ
とにかく楽しみながらできるだけのことはやりました。


イベントの当日は
寒いけれど透き通った、まさに「凛と」した
冬の空気、美しい青空が広がっていました。



師走の忙しくまた寒い日に
足を運んでくださったかたがた、
今もおひとりおひとりのお顔が浮かびます。
本当に本当にありがとうございました。
あの箱たちは選んでくださった方の手元で
きっと幸せな使われ方をするのだろうなと
そう考えるだけで心に小さな灯りがともるようです。


ひとつひとつの箱を手にしたり
置いてみて眺めたり
ふたを開けたり閉めたり
にこにこと目を輝かせて
リバティを選ばれる様子を見て
私のずっと見たかった景色は
まさにこれだったのだと胸がいっぱいになりました。




遠くから応援してくださったかた
見守ってくれた家族や友人
案内を置かせていただいた
大好きなショップのオーナーのみなさま
空間を提供してくださったFloatさん
そして
「ゆみちゃんは作品だけ持ってきたらいいのよ」と
準備に駆け回ってくれたMちゃんHさんありがとう。
心より感謝しています。
夢を叶えてくれてありがとう。
この幸せな景色を忘れずに
また前を向いてまっすぐに
と気持ちをあらたにしています。

2014/12/05

Wiltshire



ベリーのまるい実と葉っぱがモチーフのウィルトシャー。
とても人気のあるデザインの
パープル系とグリーン系。
こちらはCHECK&STRIPEのオリジナルカラーです。



リバティはCHECK&STRIPEさんで探すことが多いのですが
芦屋のお店は圧巻なまでの品ぞろえで
いつも目移りしてしまいます。
品があってニュアンスを含んだ色づけは
ここならではの魅力で
私の制作に欠かせない場所。
お店のかたもとても親切で大好きです。

2014/12/03

Puff

puff という名前の響きが可愛らしいこのリバティは
いちど見たら忘れられないようなインパクト、
どことなく北欧のファブリックを思わせるような
洗練されたおしゃれなデザインだと思います。



雲なのかさざ波なのか…花弁のようにも見えるし、
imaginationが広がります。

合わせるリネンもシックに、大人っぽく仕上げました。