web shop


web shop 2/6 9PM OPEN ü
http://pieni.thebase.in/

2015/03/27

SOULEIADO

1つ前の写真のスクエアの大小の箱には
SOULEIADO(ソレイアード)の布を貼りました。
南仏プロヴァンスのストーリーのある布
歴史があり普遍的なデザインでもあることは
リバティプリントと共通しています。
SOULEIADO
トゥモローランドがアパレル展開を始めてから
よく見かけるようになりました。
残念ながら商用は認められていない布です。





特にこのネイビーの、離れて見るとドットにも見える
LA PETITE MOUCHE というモチーフのものが好きです。


中はマスタードを含んだようなイエローを貼りました。

SOULEIADOとは、「雨の後、雲間から差す一筋の光」という意味だそう。
いつも明るく誠実で、優しさをたたえた彼女へ
これからも彼女らしく 日々が穏やかな光にあふれていますように。

2015/03/25

square

2mmの厚紙に製図をし、切り出す。
水貼りテープで組み立てて立体を作る。
箱職人になったような気持ちで
ひたすら、きっちりと まっすぐにと 心で唱えながら。
組み立て上がったばかりの、
まだ布を貼らない状態でも、美しく在るように。



2015/03/10

----○○○○○-----

箱を作るあいまの楽しみで
ずっと作り続けているガーランド。
初めは娘の部屋に、と考えたものでしたが
ご好評をいただいて商品として出すようになりました。

まるがいっぱい隙間なく。
あっちを向いたりこっちを向いたり
吊るすと表情が出てかわいらしいのです。



シンプルな、スカラップが連なったようなレースは
信頼しているMOKUBAのものを使っています。
地味な部分ですがここはとても重要と考えていて
安っぽくならないよう、また使い続けても
味わいが出るようにと探しました。
娘の部屋に5年モノがありますが
まだレース部分も美しいまま。

2015/03/06

Bon Appetit !

不定期ですがフランス菓子の教室に通っています。

本格的なフランス菓子が学べることはもちろん
若く優しく可愛らしいパリジェンヌのような先生に
レッスンでお会いできることが大きな楽しみなのです。



















1月のレッスンはgalette des rois(ガレット・デ・ロワ)でした。
先生が大切にしておられるフェーヴは
フランスで求められた希少なものも。
そのコレクションを布箱に収めて
レッスンのテーブルにセットしてくださっていました。
嬉しい眺めにドキドキしました。
有り難い気持ちでいっぱいです。

2015/03/04

Jenny's Ribbons

夏に嫁がれるお嬢さまへ
ご両親さまからのお手紙とお写真を
私の作る布箱に入れて手渡したいと
あまりにも光栄で気持ちの引き締まるような
オーダーをいただきました。

大切に育んでこられたお嬢さまに対する
ご両親さまのこれまでの想いはいかばかりでしょう。
若く美しい花嫁さんのこれからの幸せと門出を祈りながら
背筋をのばして作らせていただきました。

お母さまがお嬢さまのイメージで選ばれたのは
リボンがいっぱいの Jenny's Ribbons。
可憐なデザインがC&Sさんのあずきミルク色で
シックにまとめられています。





すてきなお役目をいただいて箱も私もしあわせです。
末永くお幸せに♥♥



2015/03/02

ちいさなおきゃくさま

4さいのおんなのこからのオーダー。
ママの使われている布箱を見て
わたしもほしいと言ってくれたそうです。
たからものをしまってくださるそう。

「ピンクで」というご注文を頼りに
いくつかのリバティを考えて
気に入ってくれるのあるかなと
ドキドキしてメールしました。




「これがいい」と即決してくれたそうです。

キュートでかわいらしいイメージに仕上がりました。
デザインされた花柄の中によく見るとハートがたくさん
かくれんぼしています。
ちいさな手で開けたり閉めたり。
その姿を想像するだけで温かな気持ちになるのでした。